クロストーク

  1. TOP
  2. 採用情報
  3. クロストーク

人を知る

設計 × 生産管理 × 製造

SAISHIN SYSTEM CROSS TALK

サイシンシステムには未経験者からエキスパートへチャレンジ・成長できる環境があります!
最前線で活躍する社員が会社と仕事の魅力を語り合いました。

トークメンバーの紹介

製造担当

梅澤 2021年度入社 

ゲームとアニメの鑑賞が趣味。休日は子供たちと遊ぶことが楽しみ。
前職が主に屋外での仕事であったため、屋内で空調設備の整った快適な職場であったこともサイシンシステムに入社した理由のひとつ。

設計担当

ウー 2023年度入社 

ミャンマー出身。
わずか数年間の間にハイレベルな日本語スキルを身に付けた努力家。会話力はもちろん、漢字を交えた謙譲語や丁寧語の表現力もなかなかのもの。海外人材を代表するサイシンシステムのルーキー。

生産管理担当

山口 2019年度入社 

現在、メルカリへの出品にハマっている。子供の雑貨やCDなど、何を出品しようか迷うこと自体が楽しいとのこと。
生産管理を担うエキスパートでありながら、中学生の子供の成長を見守る優しい母でもある。

01. サイシンシステムに入社した理由は?

生産管理担当

今日はサイシンシステムで活躍するメンバーが集まって、仕事のやりがいや会社の魅力、これからの目標などを話し合おうと思います。
まず、ふたりがサイシンシステムに入社した動機や経緯を聞かせてください。

製造担当

私は前職でベランダや屋上の防水工事を行う会社に勤めていました。サイシンシステムに入社したのは、
モノづくりに興味があり、世の中に不可欠な製品づくりに携わってみたいと考えていたから。

当社の製品は大型プラントやインフラ施設などの運用に欠かせない、配電盤や分電盤などの電気設備です。自分が手がけた製品が社会を動かすチカラになることに大きな魅力を感じました。電気に関する知識はまったくなかったけれど、いちから学んでいこう、という会社の説明を聞いて入社を決意しました。

ウーさんがサイシンシステムに入社した理由は?

設計担当

私はミャンマー出身で、母国で日本語を学び、2019年に日本へ来ました。日本は子供の頃からあこがれの国でした。高度な技術力を持ち、礼儀正しく、ルールを守る日本人の国民性を聞いていたので、日本人と働くことができれば、自分も技術者として大きく成長できる、と考えたのです。

前職で3次元CADの図面作成を学んだので、その経験を活かせると考えてサイシンシステムに入社しました。

山口さんがサイシンシステムに入社した理由を聞かせてください。

生産管理担当

私の前職は旅行会社のパートスタッフだったのですが、正社員になりたくて、未経験かつ年齢的にも受け入れてくれる会社を探していたところ、サイシンシステムと出会いました。

入社を決めた最大の理由は、楽しそうにモノづくりに取り組まれている会社のアットホームな雰囲気に魅力を感じたから。技術系の仕事は未知の世界で不安もあったけど、思い切って飛び込んで正解でした。

02. 現在の仕事内容と
やりがいは?

製造担当

そんな山口さんも、いまや製造工程の司令塔みたいな存在ですよね(笑)。

3人とも担当は異なりますが、当社では3つの担当のリレーションによって製品が完成・出荷する仕組みになっています。山口さんがお客様から受注し、必要な部品の手配などを行い、ウーさんが設計し、その図面をもとに、製造担当の私が組み立てや配線を行う流れになっています。

製造の仕事の面白さは、まったく何もない状態から配電盤、分電盤、制御盤などの大型装置を組み立てていくこと。入社した頃は図面を読み込んで理解するだけでも大変でしたが、上司・先輩が親切・丁寧に教えてくれたので、入社半年を過ぎた頃から少しずつ自信も付いてきました。

当社の製品は図面通りに組み立てる正確性が要求されるので、ひとつのミスが出荷のスケジュールにも影響を及ぼします。その点では日々、緊張感を持って仕事に取り組んでいますが、その分、図面を見ながら迷うことなく製品が完成し、無事に出荷したときの達成感は格別です。

この仕事に就いてよかった!と思います(笑)!

生産管理担当

私が担当している生産管理の仕事は業務範囲が広く、設計担当者・製造担当者との関わりも密接ですね。

まず、お客様から「このような装置を製作して欲しい」という装置の仕様書(お客様が作成した設計書)が来ます。これが受注になります。この仕様書をウーさんの部署に渡して、設計図の作成が始まります。それと共に、お客様から装置の組み立てに必要な機器・部品の一覧表が送られてくるので、個数や型式などを確認して機器・部品メーカーにオーダーします。

到着した機器・部品を梅澤さんの部署に渡すことも私の仕事です。仕様書や部品の一覧表は複雑で細かく、必ずしも完璧に作成されているとは限らないので、入念なチェックと照合が必要です。受注した装置の中には、複雑な設計や部品点数の多いものもあり、完成まで手間のかかるケースもありますが、それだけに無事出荷できたときの歓びも大きいですね。

まさに、この仕事に出会ってよかった!ですね(笑)!

設計担当

私の部署は、山口さんの部署から渡された装置の仕様書をベースに設計図を作成します。

装置を「盤(ばん)」と呼びますが、その盤の中にはさまざまな機器や部品が組み込まれます。それらをどのような形状で配置すべきか、機器や配線の方法をどうするかなど、多角的に検討しながら図面を作成します。

私は3次元CADによる図面作成の経験はあったのですが、2次元CADは当社に入社してOJTで勉強しながら図面の作成に取り組んできました。梅澤さんが言ったように、当社では上司・先輩が親切・丁寧に教えてくれるので、理解するまで時間はかかりましたが、いまでは自信が付きつつあります。

何よりもアットホームで温かい雰囲気の中で、自分の技術力を磨いていけることに、大きなやりがいと歓びを感じています。

03. 社内の風通し・
社員同士の人間関係は?

生産管理担当

当社の魅力で、おそらく3人ともに感じているのは、風通しの良い人間関係とアットホームで温かい雰囲気ではないでしょうか。もちろん仕事なので、ときには厳しい場面もありますが、それは「みんなで一丸となって良い仕事しよう」という本気度の表れだと思います。
コンパクトな会社だから、それだけ社員同士のコミュニケーションも密接ですし、お互いを思いやる気持ちが自然に生まれてきます。

私は子育てを経験してきたので、子供が体調を崩して急に休まざるを得なくなったこともありました。そんなとき、すぐに休みを許可してくれたのですごく助かりました。

設計担当

私はミャンマー出身の外国人なので、入社した頃は、みなさんとスムーズにコミュニケーションできるか、言葉の壁を克服できるかなど、不安もたくさんありました。

その不安をポジティブな気持ちに変えてくれたのは上司や先輩です。入社したときから、どんな質問や疑問もすべて受け止めて、とことん話し合あってくれます。

製造担当

私もまったくの未経験で入社した点は山口さんと同じですし、さまざまな不安があったこともウーさんと同じでした。入社当時は当然ですが図面も読めず、盤に組み込む機器・部品の名前も分からず、組み立てる道具も初めてみるものばかり。

製造部署は約20名体制なので、本来、私ひとりに寄り添って教えている時間はないはず。その中で着実に成長できたのは、時間の許す限り、いちから細かく仕事を教えてくれた先輩がいたからこそ。

ちょっと照れくさいのですが、この場を借りて感謝を伝えたいと思います。
先輩、ありがとうございます(笑)。

04. 未来に向けた目標・
チャレンジしたいことは?

生産管理担当

みなさんの今後の目標は何ですか?

私は目標というよりも健康管理をしっかり行い、司令塔の役割をこれからも果たしていくこと。それと生産管理の仕事はデスクワーク以外に軽作業もあり、重量のある部品・機器を工場内で移動させることもあるので、怪我に気を付けたいですね。

そして、長期的な目標としては業務のさらなる効率化があります。日々の業務プロセスを見直し、近い将来、独自の管理ソフトなども導入できたら最高ですね。

設計担当

私の目標はふたつあります。
短期の目標は当社の仕事を通じて、経験を重ね、技術を身に付け、設計部署をリードする存在に成長すること。

長期の目標は、いつか自分の会社を立ち上げて独立することです。長期の目標は夢でもありますが、実現するために全力を傾けます。

製造担当

とにかく技術を磨いて、製造部署の誰からも頼られる人材になることです。
幼い子供がふたりいるので、子供たちの健やかな成長のためにも頑張りたいと思っています。

では、最後に当社に興味のある方に、私たちからメッセージを送りましょう。

05. 就職活動中の方へメッセージ

生産管理担当

いろいろ考えず、とにかく飛び込んでみましょう!
サイシンシステムの仲間は、すべて受け止めてくれます。

ぜひチャレンジしてください!

設計担当

山口さんの言うとおり、入ればなんとかなります!私もそうでした。

自分のポテンシャルに自信を持ってください。あとは、あなたの頑張り次第!

製造担当

これだけ専門性の高い技術を短期間で、一定のレベルまで習熟できる会社は滅多にないと思います。加えて手がける製品は、スケールの大きい施設の運営を支えるものばかり。

派手さはありませんが、人と社会を自分の技術が支えているんだ、という誇りを実感できるはず。

みなさんと仕事をする日を楽しみにしています!